« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(67) 「船頭多くしたって山にも上れぬのが船というものでしょ?」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(255) 雨の前触れの夜に »

2011.04.22

自称逸般塵の不通の日記(254) 大気中で待機中

20110422_dscf6439_1s


散歩やサイクリングに飽きたら読書や思索に耽り、
インドアに飽きたら扉の外に出ていく日々が続く。
ところがそろそろ繰り返しそのものに飽きてきた。

「何か」したくてもできない現状が眼前に広がる。
カネはない、仕事は待機中、ただ考えるネタだけ
のために、読んだり歩いたりしていたのであった。

いずれ何かできるコトができてくるだろうと思い、
何もできないなら諦めて何もしないという選択肢。
そうこうするウチに乏しいながら仕事の話も来る。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(67) 「船頭多くしたって山にも上れぬのが船というものでしょ?」 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(255) 雨の前触れの夜に »