« 道を知るべきコトバ(41) 暗き夜の道の心細さもまた楽しからずや | トップページ | 葉桜に想いを馳せて »

2011.04.15

道を知るべきコトバ(42) 風の吹く道もまた……

20110415_img_3720_1s


風吹けば散った花弁は吹き溜まる。
そんな路地には人々の生活が進む。

桜に限らず花は必ず散るものだが、
たいてい来年にも同じ時季に咲く。
そんなコトは誰だって知っている。

でもまだ過去進行形で散った花に
未練を残しつつ嘆いていたいのか。
葉桜に見慣れるを拒んでいるのか。

または花弁に足が埋もれてしまい、
進退窮まったなど言うのだろうか。

|

« 道を知るべきコトバ(41) 暗き夜の道の心細さもまた楽しからずや | トップページ | 葉桜に想いを馳せて »