« 感覚とは視覚に限ったコトではない | トップページ | たまには時事ネタ(69) 過剰な気体感を放出するタイミングが遅れた結果 »

2011.04.28

試小説(9) 社会断層の活発化による余震や誘発地震に注意

20110428_dscf6449_1s


今回の地震は非常に巨大で震源域も非常に広大であったことから、震源域周辺の社会構造における余震活動、も大きな規模かつ広範囲で長期間続くものとみられています。
また、日本列島の社会構造の中には、長年のひずみが蓄積している箇所が数多く存在していることが確認されています。こうした場所では、今回の大地震に伴う地殻変動で応力場に変化が生じ、蓄積された力が解放される可能性が高まっていると考えられます。こうした震源域以外での社会構造における誘発地震は、余震よりさらに広い範囲で発生が続くと考えられ、一般的な余震より大きな規模で生じる可能性も否定できません。
社会基盤における余震および誘発地震は、今後数年間から十数年間程度は続くものと考えられており、引き続き注意が必要です。(気象徴)

--
[解題]
賛同する側にとってみれば好機と捉えているフシもあるかもしれないし、
あるいは非常時における例外的な臨時措置として止むを得ずであっても、
批判的な立場からみれば「便乗」だの「火事場泥棒」なんてコトになる。
となれば反動も大きく誘発地震の余震にもまた注意が必要になるだろう。

|

« 感覚とは視覚に限ったコトではない | トップページ | たまには時事ネタ(69) 過剰な気体感を放出するタイミングが遅れた結果 »