« 感情線一周の旅のごあんない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(252) 規定通りの規定値の基底状態 »

2011.04.08

情報食育の重要性についての考察

20110408_dscf4575_1s


アレルギーがあるならともかく
単なる偏食なら克服してやって
いろいろなモノを味わった方が
きっと良い。栄養面も味覚面も

精神の栄養の情報もまた同様で
好きなトコロばかり食ってると
どんどんと体質が偏ってしまう

衛生面はもちろん栄養バランス
まで整った情報流通経路なんて
そも存在するはずもないのだが
もしあったとしたらヒトを堕す

ヒトという生物は誕生当初から
良くも悪くも雑食性なのであり
その前提で心も体もできている

ちょっとやそっとの情報の偏り
なんざ多種多様な情報を食って
いれば互いに中和されるものだ
どうせ別の情報源も偏っている

「なぁに、却って免疫がつく」

|

« 感情線一周の旅のごあんない | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(252) 規定通りの規定値の基底状態 »