« 自称逸般塵の不通の日記(261) 全力、車輪の上にて出せず | トップページ | 器用貧乏暇を楽しむ »

2011.05.18

自称逸般塵の不通の日記(262) 歩きたいのは、こんな道

20110518_img_7186_1s


全力で走る機会がほとんどなかったサイクリングでは、
往復40~50km程度の距離も水分補給だけで充分だった。

当然ながら筋肉痛が出るまでもなく月曜も普通の一日。
ところが自宅で仕事をしているとダラけてしまいがち。

仕事は捗らず火曜日には寝相が悪かったか右肩が凝る。
雨雲が過ぎて涼しくなった夜に少しばかり歩き回った。

住宅街を抜け隣駅まで出て駅前で手早く腹を満たして、
さらに遠回りして都合数kmの道を小一時間で一周した。

短躯短足の身で長い歩幅かつ体軸を保った歩行体勢は、
身体深部も含めて多くの筋肉を使った全身運動である。

片手で肩越しに担いだ荷物を左右ときたま入れ替えて、
時分割振り分けを行うのもまた肩を動かすのに役立つ。

歩き出して数分もすれば体温が上がって汗が出てくる。
ひんやりした空気の中なら芯から発熱して肌は冷える。

全身の力を出し切れぬサイクリングよりは身体を使う、
こんな歩行者としての生活が性に合っているのだろう。

程良く涼しく水分のある気候の中で里や野の道々など
歩き回るような日々が続いていれば恐らくは飽きない。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(261) 全力、車輪の上にて出せず | トップページ | 器用貧乏暇を楽しむ »