« 器用貧乏暇を楽しむ | トップページ | 心頭滅却してもなお苦であるからこその生 »

2011.05.20

自称逸般塵の不通の日記(263) 夏の前哨戦

20110520_img_7241_1s


散歩するのと同じくらい重要なのが読書。
それに紙とペンを使って文章を書くコト。

最近ちょっとばかり試しに新聞を購読し、
活字摂取量を増やせるか検討しているが、
他の活字媒体に手を伸ばす頻度が減って、
トータルの活字量は大差ないように思う。

まあ要するに自分から意図的に増やして
やらないといけないのだろうなとは思う。

--
自宅での仕事に支障を来し始めるのが今の時季。
梅雨前半では冷たい雨に少し心休まるけれども、
その後半以降に続く蒸し暑い日々を想像すると、
適切な暑さ対策を進めていかねばならぬ頃合だ。

昼前後の暑い時間帯には活動を抑制気味にして、
軽い書き物や読書などで過ごしつつ英気を養い、
朝夕の涼しい時間帯を仕事に活用していきたい。

まあ毎年そう思うのだけど実際には難しくてね。
せめて昨年よりマシにすべく知恵を働かせよう。

|

« 器用貧乏暇を楽しむ | トップページ | 心頭滅却してもなお苦であるからこその生 »