« 自称逸般塵の不通の日記(260) 五月雨式の散歩 | トップページ | 試小説(10) 抜きん出る者たち/引き抜かれるほどの実力者 »

2011.05.15

出張旅行記(43) 飛んで寝入る、酒のむし

20110515_201105131126001


久し振りの高知出張、今年初の出張でもある。
仕事そのものは短時間で済むとはいうものの、
フライトの都合などもあって1泊2日が基本だ。
だもんだから夜は同行者と飲み歩くのも基本。

前日に散歩した上に前夜には準備で徹夜して、
ずいぶんと眠かったもんだから宿では危うく
寝過ごしそうになったけど何とか間に合った。

午後イチの航空便の前に新しくなった駅舎へ。
土産は前回の訪問で買って気に入った碁石茶。
思っていたより再訪の機会が早く訪れたので、
また遠からず次の機会もあるだろうと二袋で。

帰って休んだら持ち帰った宿題を片付けねば。
きちんとした仕事をして次の機会を待つのだ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(260) 五月雨式の散歩 | トップページ | 試小説(10) 抜きん出る者たち/引き抜かれるほどの実力者 »