« 自称逸般塵の不通の日記(263) 夏の前哨戦 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(264) 還暦起業家の歴史セミナー »

2011/05/21

心頭滅却してもなお苦であるからこその生

20110521_dscf6887_1s


それでも季節が巡るのは喜ばしいコト。
暑さ寒さや乾湿に身体を慣らしていき、
変化する環境に適応し続けていくのは、
生きているという実感に直結するから。

内外の動向に応じて変化し続けるコト、
それこそが生命の本質なのではないか。

暑さで大量に汗をかくような状況でも、
暑さに対し汗という反応をする身体は、
まさに生きているという実感に繋がる、
そう思えば苦痛の程も軽く感じられる。

不安感や恐怖感など精神的な苦痛でも、
同じように生の実感へと繋げられぬか。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(263) 夏の前哨戦 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(264) 還暦起業家の歴史セミナー »