« 信頼性が低いと知りつつも使わざるを得ず | トップページ | 出張旅行記(44) 箱庭の世界の車窓から »

2011.06.28

自称逸般塵の不通の日記(272) 誤差はプラスもマイナスも

20110628_img_7296_1s


今度は予報に反して涼しくなって、涼しいと眠くなって、
朝まで仕事をしていたが不意に眠くなって、仮眠すれば
思っていた以上に眠ってしまったりして、少し困った日。

とはいえ暑くならなかったコトは、非常に有難いハナシ。
同じ天気予報のハズレも、涼しい方に転がってくれると、
まあ許容できるんじゃないかと、思ってみたりもするが、
といって、常に暑い方への誤差を含む予報を出されても、
それはそれで、予報を見るたびに嬉しくない気分となり、
やはりここは正直に、できるだけ高い精度を願うばかり。

そうだね、できるコトなら推計処理上のノウハウなども、
素人に毛が生えた程度の人が理解できる程度に咀嚼して、
不信感を緩和できるようにしていったら、なお良かろう。

電力会社なども、そういうのを地道にやればいいのかも。
どうせアタマから信じない連中も少なからずいるけれど、
誤差情報も含めて正直ベースで全部出してしまえばいい。
内部情報の棚卸しだけで何年もかかってしまいそうだが、
そういう進捗状況も出しつつ地道に進めていくしかない。

--
自分の仕事が詰まったときに、やろうとして、なかなか
できずにいるコトだけども、他人に言うだけなら簡単だ。

自分の中の誤差も、きちんと把握して対処したいもので。

|

« 信頼性が低いと知りつつも使わざるを得ず | トップページ | 出張旅行記(44) 箱庭の世界の車窓から »