« 試小説(11) 三匹の子豚が編み出した危機対応に学ぶ | トップページ | 半生紀(24) ヒト集団恐怖症と入院体験 »

2011/06/01

たまには時事ネタ(72) 国を挙げて選んだ懐疑的な人員

20110601_201105301160tls


ああいう議員たちを議会に送り込んだのは有権者なので、
非難する矛先が有権者自身に返ってくるのは承知の通り。

いくらなんでも次はマトモな議員を送り出すよねみんな。

すぐ次には大きな変化が出なくても次の次には何らかの、
良くなる予感を感じられるようなのを期待していいよね。

以下どうでもいい自己評価なので読み飛ばしても構わず。

--
ヨノナカの動きから少しズレて追随するのが常だけども、
全くヒトのいないトコロへ行きたいワケじゃないんだよ。
可能な範囲は先回りして、そうでないのは後追いをして、
まあ何というのか移動平均グラフのように動きたいんだ。

個人的にはヒトの大勢が動く場面を大の苦手としていて、
皆が一斉に同じ対象を非難するようなときは離れている。
いやむしろ溜め込んだ不満の矛先を見付けたかのような
動きには強く嫌悪感を抱いているので遠巻きに注視する。

|

« 試小説(11) 三匹の子豚が編み出した危機対応に学ぶ | トップページ | 半生紀(24) ヒト集団恐怖症と入院体験 »