« 理系用語で読み解く社会(72) 隙間も使いよう | トップページ | 半生紀(27) 諦観を決め込んだ頃 »

2011/06/12

たまには時事ネタ(73) 正解のない政界

20110612_dscf6463_1s


実は政治家たちも、できるコトが限られていて焦っていて
それが政争に繋がっているのではないかと、思ったりする
彼らを利他的な存在と仮定すれば、そんな考えも成り立つ

だとするならば、少しばかり賢さが足りないと言えるけど
利己的だと仮定しても、やはり賢明な存在とは言えなくて
いずれにせよ結果が伴わないので、大差はないというワケ
ただ前者の捉え方の方が、まだ余計な怒りを負わずに済む

そのような考え方に立つなら、処罰感情には流されにくく
責任追及などと言わず、淡々と再発防止のための原因究明
にのみ取り組んでいける、そんな気がしているのだけれど

まさに今この瞬間、正解を出せないでいるのは事実だから
せめて今後は、より良くしたいのが人情というものだろう
それを冷静に考えていくなら、不正解の原因を深掘りして
国民全体まで含めた利害関係者全員が、共有できるように
していけないだろうかと、淡い期待を寄せていたりもする

|

« 理系用語で読み解く社会(72) 隙間も使いよう | トップページ | 半生紀(27) 諦観を決め込んだ頃 »