« 文句を言える状態であるコトに感謝すべきなのかもしれない | トップページ | 半生紀(28) 時代の、いにしえーション »

2011/06/23

「イザというとき」の外側の心理

20110623_img_3402_1ts


本当はヒトには善意というのが備わっていて
「目の前の不幸を自分以外の誰も救えない」
なんて状況になったら半ば自然に身体が動く

そうならず怒りばかり出てくるのは遠いから
救いの手を届かせるコトができずにいるので
そこに手が届きそうな誰かに対して怒るのだ

自分が何をしても不幸から救えない状況下で
他の誰かが可能だと思えるのにしなかったら
怒りが湧いてくるのもヒトの善意、の副作用

--
あくまでも一側面だけ見た言い方ではあるが

|

« 文句を言える状態であるコトに感謝すべきなのかもしれない | トップページ | 半生紀(28) 時代の、いにしえーション »