« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(71) 箱庭には二羽の鶏が(喧嘩しているけど将来の運命は両者ヤキトリ) | トップページ | 箱庭の中にトウが立った蔓草の »

2011/07/02

自称逸般塵の不通の日記(273) 仕事に熱中できない症?

20110702_dscf7172_1s


もともと可用性が高くないんだが特に
暑い時季には稼働率が低下する中年男。

一昨年あたりから冷房が故障したまま
なので猛暑日の昼間は行動不能になる。

それを避けるため仕事がある場合には
喫茶店などへ逃げ込んでいるけど当然
そのコストは節約したいトコロである。

そんなワケで天気予報を見ては出るか
自宅作業を敢行するかを判断している
のだけれども自宅に残るという判断が
失敗したならば日中ほとんど棒に振る。

今かなりの窮乏生活が続いている中で
どちらかというと自宅で過ごす判断を
してしまいがちで失敗のリスクも高い。

天気予報の精度など一朝一夕に高まる
とも思えないから別の対策が必要だな。

まあ可用性向上策には他にもいろいろ
方法があるので実行してきたいトコロ。

人生、まだまだまだまだ先は長いよな。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(71) 箱庭には二羽の鶏が(喧嘩しているけど将来の運命は両者ヤキトリ) | トップページ | 箱庭の中にトウが立った蔓草の »