« 自称逸般塵の不通の日記(277) 無性に暑いと無償でも腹が立つのか | トップページ | ニホンのキホン「無責任論者」 »

2011/07/17

自称逸般塵の不通の日記(278) 暑いと無性に故障したくもなるものか

20110717_epsn7826_1s


出掛けようとしてカメラを手にしたら、微かにチャリっという音が中から聞こえた。厭な予感。
レンズなど一式外して振ってみると、音がする。もしかすると中の小さなビスか何か外れたか。
電源を入れた状態での動作そのものには、今のトコロ特に支障はなさそうな様子ではあるけど、
こういうのを放置しておくと重大なトラブルの原因になりかねないから当面は迂闊に使えない、
というより早急に修理に出して、もし部品が外れているなら戻しておいてもらわないといかん。

先月だか先々月に故障したままのプリンタ、そして先日の自転車パンクに続き、またトラブル。
しかも今、とてもカネがなくて、家賃や通信費水道光熱費などの捻出にも毎月のように苦慮中。
先月も一部の使用頻度の低いレンズを処分して補填したが、今月も追加措置が必要かもしれん。

まあそんな貧乏生活自慢などしていたって何も改善しないので、粛々と目の前の仕事を進めて、
支出も可能な限り抑制して、今後の仕事と入金が増えてくるのを期待して待つばかりではある。

--
この暑い夏を、何とか乗り切れば秋には収穫が……、なんて期待感でもあれば気も休まろうが。
そいうのも見当たらない以上、耐えて凌いで、やり過ごしつつ、機会あらば動けるようにする。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(277) 無性に暑いと無償でも腹が立つのか | トップページ | ニホンのキホン「無責任論者」 »