« 怒りを忘れた、かなり嫌だ? | トップページ | 理系用語で読み解く社会(75) めん毒性ハナシ »

2011/07/07

たまには時事ネタ(74) 不意に降ってくる引責を見上げつつムラ社会を棚に上げてバタバタする様子

20110707_dscf2168_1s


前にも書いたよな、ヒトは何かの瞬間に変わるのではないと。

大震災・大津波・原発事故という歴史的な出来事があっても、
実はヒトビトの多くが日頃やってきたコトの延長線上で行動。

残念ながら多くのヒトが期待するほどヒトは急に成長しない。
なんとなればヒトが現在あるのは過去の歴史あってのコトで、
その過去が今後の行動に大きな影響を及ぼし続けているから。

だけど全然変わらないというワケでもなくて、むしろ変化を
常に続けているのであって、その蓄積がときたま大きく動く。

今この瞬間に震災前から変化している様子が見られなくても、
たまたま連動しなかっただけのコトであっていつかは変わる、
そう思えば焦る必要もなくなるのではないかと思うが、如何。

--
「仕事に適さぬ状況を用意して、仕事できないと辞職を迫る」
ってのが、日本社会の理不尽なトコロの一つだと思っている。

もちろん悪意あって用意しているつもりではないのだろうが、
結果として事実そうなっているコトを自分の周囲に限っては
気付いているのに日本社会全体の体質だというコトにまでは
気付いていないせいか、知らず知らずやってしまうのが問題。

影響範囲を特に意識していなかった言動行動が相手によって
大きな問題とされるようなコトは【誰だろうと同様に】ある。

|

« 怒りを忘れた、かなり嫌だ? | トップページ | 理系用語で読み解く社会(75) めん毒性ハナシ »