« 動けるときに動いておくコト | トップページ | 千里の道は振り返って実感するものかもしれない »

2011/07/28

夏草や、髪も放っときゃすぐ伸びる

20110728_img_4752ts


何をしていようと、つまり引きこもっていようと、
あるいは忙しく出歩いていようと、いずれにせよ
身体は生命活動を続けている、だからこその生命。

ずっと動かぬままでいると、動かないコトに慣れ、
むしろ動き出すのが苦痛になってしまいがちだが、
逆に無理して動き続けていても疲弊するばかりで、
随時休息を取りつつ平均すれば適度に動き続ける、
といった程度でペースを維持するのが、丁度良い。
たとえ休息が主で活動が従という関係であろうと。

幸か不幸か長いコト動かずにいると落ち着かなく
なるような性質だから、芯まで腐りきってしまう
前に已むなく重い腰を上げて動き出すのが通常だ。

ともあれ、動き出せば慣性というか惰性がついて、
しばらくは止まるまで動き続けられるというもの。
なにしろ腰が重いコトは慣性力の大きさに繋がる。

|

« 動けるときに動いておくコト | トップページ | 千里の道は振り返って実感するものかもしれない »