« 試小説(12.7) 「太郎を待ちながら悶々と」後編または結の章 | トップページ | 暗箱に針穴(35) ピンフォーカスというかデフォーカス »

2011.07.24

余った談

20110724_img_1568s


たいてい小説のようなモノを書いたときの初校の読者は母である。
今回のヤツを見せたら「前に出てきた太郎とは別?」と聞かれた。
そういえば以前には竜宮城から帰ってきた太郎のハナシを書いた。
なるほど、どっちの太郎も帰ってくるという点では共通してるな。

--
うっかり今回は時事ネタを絡めてしまったせいもあり急ぎ書いた。
遅くも月内と考えていて12日ほどで整ってきたので完成としたが、
政局は小康気味なので早すぎたかも(それはそれで良いのだけど)

なかなか読みが難しいなという感想を込め、たまには解題の次第。

まあしかし事実とフィクションなんて、イタチごっこなのだから。

|

« 試小説(12.7) 「太郎を待ちながら悶々と」後編または結の章 | トップページ | 暗箱に針穴(35) ピンフォーカスというかデフォーカス »