« 自称逸般塵の不通の日記(278) 暑いと無性に故障したくもなるものか | トップページ | ニホンのキホン「オールジャパン、オアナッシング」 »

2011/07/18

ニホンのキホン「無責任論者」

20110718_dscf6694_1sqs


自分たちの禁忌には触れられたくないし、
他者の禁忌でとばっちり喰らうのも嫌だ。
そんな意識(場合により無意識だけど)が、
全体に及ぶ大きな変化を忌避させている。

そんな複雑に絡み合う利害関係を束ねる
とすれば強力なリーダーシップが必要だ、
なんて考え方が出てくるのも理解できる。
だが、その人物は、現状の日本社会では
極めて孤独でなくてはならないのだろう。
少なくとも、利害関係集団のいずれかに
属していては、他から受け入れられない。

そして、全利害関係集団のために一人で、
おそらく多大な犠牲を払わねばなるまい。
リーダーという存在に対し、このクニで
多くのヒトビトが無意識に求めてるのは、
オレサマではないカミサマになるコトか。

ちなみに多大な犠牲を払った結果として
その本人だとか家族親族が得る報いとは、
神格化対象という危険な崇拝なのであり、
カミサマの姿でカミサマの如く振舞って、
カミサマのように祟らず死ぬトコロまで、
暗黙の裡に求められるようになっていく。

政治家とは国民主権代行業者ではなくて、
いわゆるイケニエのように共同体の中で
何もかも捧げて名だけを残すべき存在か。

果たしてそんなのが台頭できるだろうか。
逆説的に考えると、まず無理だろと思う。

--
それは、このクニにある非人為的存在にも似る。
宗教を捨てて哲学も採らずにやってきたニホン、
だけど哲学以前宗教未満の精神風土が存在する。

ヒトビトが何をせずとも、あるいは祈りを捧げ
収穫物やら漁獲物を捧げていたりするばかりで、
自動的に四季二十四節気が巡っていってくれて、
あとは刻を過たず田畠を耕し種を播き苗を植え
草刈り虫取りを怠らずに待っておれば稔るのだ。

共同体の秩序を乱す者は害虫や雑草と似た扱い。
とにかく綺麗に排除していかないと気が済まぬ、
そんな扱いもまた非人為的存在に準じたもので。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(278) 暑いと無性に故障したくもなるものか | トップページ | ニホンのキホン「オールジャパン、オアナッシング」 »