« 公衆街道まっつぐ行けば何処へ往く | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(285) 七夕飾りを遠くに眺め »

2011.08.05

自称逸般塵の不通の日記(284) 刀折れ矢尽きて帰って寝た日

20110805_img_7406_1s


なかなか見掛けなかった夏らしい雲が流れ流れて通り雨になった日、
例によって外で仕事をしていたら、ノートPCと無線で繋がっている
キーボードの、マウスの、ヘッドセットの、電池が、相次いで全部
充電切れで、予備電池もなく手も足も出ない状態になってしまった。

おまけに仕事をしていた喫茶店は節電なのか暑さを隠すコトもなく、
朝からなかなか上がってこなかった集中力は一気に押し下げられた。
こんなとき、やる気を無理に引き上げて仕事しても精神力と時間は
大半が無駄に費やされてしまうばかりだから、むしろ諦めた方が楽。

早めに帰宅して憂さ晴らしに近所を夕方のサイクリングと走り込み、
帰ってきたら何か疲れて寝てしまって深夜、起きて翌日の準備など。

日付が変わる頃にザーッと降った通り雨が涼しい空気をくれたので、
まずは何か食って勢いつけて寝る前のコトを片付けてしまうつもり。
たまにはいいさ、少しくらい遅い時間に寝るコトになったりしても。

|

« 公衆街道まっつぐ行けば何処へ往く | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(285) 七夕飾りを遠くに眺め »