« ニホンのキホン タテマエがアキラメに変わるのは容易じゃない | トップページ | 不適合な助言の真実と地底の温度 »

2011/08/16

自称逸般塵の不通の日記(288) 暑くても眠いのは眠い

20110816_img_5639_1s


厳しい残暑が続いているが、夏の前半と比べると目覚める時間が遅くなった。
7月には8時か9時には目覚めていたのに対し、8月に入ってからは10時11時だ。
暑さに適応したのか、単に堕落したのか、熱帯夜が増えたので寝付けなくて
起きる時間も遅くなってしまっているのか。まあ全てに心当たりはあるけど。

暑さに慣れたというか、仕事が少ない上に資金も乏しいという事情もあって、
活動は全体的に抑制気味だし、だから食事量も少なめになっているのが現状。
摂取カロリーが少ないと自然に活動性も抑えられ、寝て過ごすコトが増える。
このままでは不活発な人間になってしまうなと思ってはいるが、もうすぐ秋。

涼しくなれば汗や暑さも気にならず好きなだけ散歩したりサイクリングでき、
自然に運動量が増え、食欲も回復して短時間の睡眠で起きられるようになる、
という期待感は強くある。あとは仕事が順調に入って資金不足が解消すれば。
そうだね、これから運良く環境に恵まれれば、もしかしたら余裕ができるか。

|

« ニホンのキホン タテマエがアキラメに変わるのは容易じゃない | トップページ | 不適合な助言の真実と地底の温度 »