« 暗箱に針穴(36) 手持ち960mm相当の選択肢 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(293) 夏休み最後の気分で »

2011.08.30

自称逸般塵の不通の日記(292) いよいよ平常運転へ

20110830_img_7943_1s


日中は蝉の声が優勢な残暑だが夜は長く涼しくなって秋の虫の声。
季節が相克し合う日々を何と呼ぶのが相応しいのか考えてしまう。

ともあれ熱帯夜から脱して夜間なら行動の自由を得られるように
なったのであり、生活パターンも盛夏モードから切り替える時季。

週末の遠出イベントとか数百カットの現像処理も無事に終えたし、
そもそも8月が終わって9月になるのだから、引き続き残暑に留意
しつつも初秋の生活スタイルへと移行して活動量を増やしていく。

そう、行楽の秋、読書の秋、食欲の秋。いずれも欲張ってやろう。
ついでに案件も沢山入って仕事の秋、になってくれたらいいなあ。

|

« 暗箱に針穴(36) 手持ち960mm相当の選択肢 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(293) 夏休み最後の気分で »