« 自称逸般塵の不通の日記(292) いよいよ平常運転へ | トップページ | 理系用語で読み解く社会(76) 災害耐性についての考察 »

2011/08/31

自称逸般塵の不通の日記(293) 夏休み最後の気分で

20110831_201108301232003


涼しい夜を使って存分に寝たはずだというに昼間になっても眠気が残る。
生活サイクルを素早く変えるのが難しいのは年齢のせいか怠惰のせいか。

夕方に外で仕事があるので残暑の昼下がりに自宅を出て喫茶店で仕事を
していても微妙な眠気が断続的に襲ってきて、思ったより捗らなかった。

これから仕事が増えてきたとしても対応できるよう心身の調子を維持し
逆に仕事が増えなかったとしても腐らぬようにしていたいものではある。

自らの手で集中できる環境を作り出して仕事でも仕事に繋がる何かでも、
要するに将来の自分に対する宿題なんぞ、やっていかないといけないね。

--
まあ自分への宿題といったって提出期限は死ぬまでなので慌てないけど、
それでもアタマやカラダが利かなくなる前には目処を付けておきたいな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(292) いよいよ平常運転へ | トップページ | 理系用語で読み解く社会(76) 災害耐性についての考察 »