« 自称逸般塵の不通の日記(291) 夏の終わりの祭りの日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(292) いよいよ平常運転へ »

2011.08.29

暗箱に針穴(36) 手持ち960mm相当の選択肢

20110829_img_7916_1s


先日、友人に誘われて演習場へ行く機会があった。
広いフィールドでの撮影なので超望遠を持ち出す。
席の都合から前の観客が邪魔になるコトしばしば。
なので長い焦点距離のレンズで切り取るしかない。
APS-C判にF8固定600mm、1/250~1/500を高感度で。

10年以上も前から所有しているレンズではあるが、
なにしろ使う場所が限られすぎて使う頻度は低い。
動き回る被写体をMFで追うだけでも大変な仕事で、
砲火の瞬間も狙ってはみたものの間が掴めず失敗。

そして持ち帰って画像を確認してみれば解像感は
最新の赤帯レンズには遠く及ばないと思い知った。
ボディ側の解像度が高すぎる。SRAW程度が限界か。

超望遠レンズでマトモな品を使おうとしたら高い。
使用頻度が高くないので予算に余裕がないと無理。

次までに使い込んで慣れておいた方が良さそうだ。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(291) 夏の終わりの祭りの日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(292) いよいよ平常運転へ »