« 自称逸般塵の不通の日記(287) 変化があっても対応できていればよし | トップページ | ニホンのキホン タテマエがアキラメに変わるのは容易じゃない »

2011.08.14

たまには時事ネタ(75) ドカンと一発やるのも大変

20110814_dscf4589_1ts


マスメディアは「ポスト菅」の話題ばかり。
ちょっと語呂が「一斗缶」に似ているかな、
と思い少しばかりネタを考えてみたのだが、
「中身が空になれば次の缶を開けるだけ」
とか「音が大きいほど中身が少ない」とか
あまり楽しいネタが思い浮かばなくて残念。

せめてドラム缶、できればタンク車くらい
大きな器があってほしいとも思ったけれど、
それは人の手に余る大きさであり、つまり
それほどに大きな器は人間に期待できない、
というコトになるのかもしれないとも思う。

斗缶だって上手に積みさえすれば大容量だ。
下の缶が潰れないように工夫して高く積み、
狭い島国でも全体としては大きな器になる、
そんなふうにしてきたのが日本だと思うが、
すっかり今は積み方が乱れてしまっていて
ちょっとやそっとの修正では要求に合わぬ。

でも積み替えるとなれば高いトコロにいた
缶でも下に積まれる可能性が出てくるので、
上の方から積み替えようとは言い出さない。

新たな土台の上に一から積み直す以外には
方法がないかもしれんね、ひょっとしたら。
その過程では必ず多くの缶が犠牲になって、
できるコトなら避けたいとは思うのだけど。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(287) 変化があっても対応できていればよし | トップページ | ニホンのキホン タテマエがアキラメに変わるのは容易じゃない »