« 自信がないせいで感情的になるハナシと、その結末 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(291) 夏の終わりの祭りの日 »

2011/08/27

押しても始まりませんが何か

20110827_img_4934_1s


マスメディアの情報収集・発信・制作などの能力をみると、
近代化直後などの昔は一般市民との格差が大きかったけど、
今は市民の側の能力が上がってきてその差は縮まっている。

マス向けとしては当然「それなりの」デキを求められるが、
品質として求められる一般市民との差を維持するためには、
次第に予算を食うようになってきていて行き詰まり気味で。

中央集権国家で政府や中央銀行が経済を主導していたのが、
資本主義拡大で巨大企業の力が相対的に強まっているとか、
そういうのもまた、かなり似たような構図にあると思える。

それはともかく。日本のマスメディアが信用できないとか、
日本の政府や官僚が信用できないとか、そう言いながらも
他の国のマスメディアや政府の言うコトを信用していたり。

というより実は「日本の」が信用できないというキモチを
裏書きしてくれそうなネタだけを探して回っているのでは、
というくらいに思えるのが今の日本のセロンとかいうヤツ。

--
まあ一般市民のメディアリテラシーというのが充分に高まっていて、
自ら得たい情報だけを選択して上手に取り込んでいるのは事実かも。

|

« 自信がないせいで感情的になるハナシと、その結末 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(291) 夏の終わりの祭りの日 »