« 道を知るべきコトバ(43) かつてその草の道は不毛な道だった | トップページ | 理系用語で読み解く社会(77) 極言すると環境中における生物の在り方についての考察はこんな感じか »

2011.09.28

科学系ヨタ話(17) 光さえも疑って掛かると面白い

20110928_img_8125_1s


実は物質の成り立ちなんていうのもまた、相当に
ユルいものなのかもしれないという気がしてきた。

厳密な法則に従っているように思われがちだけど、
観測データには微妙なバラつきが含まれるもので、
その誤差が何に由来するのかを突き止めようにも、
また別の種類の誤差が混ざってきたりキリがない。

たまたまヒトの時間軸とか観測スケールの大きさ
からすると厳密な振舞をするように見えているし、
非常に安定しているように感じられるようだけど、
むしろそういう思い込みを除外したら面白いかも。

|

« 道を知るべきコトバ(43) かつてその草の道は不毛な道だった | トップページ | 理系用語で読み解く社会(77) 極言すると環境中における生物の在り方についての考察はこんな感じか »