« たまには時事ネタ(78) 節目の日に思うコト | トップページ | 暗箱に針穴(37) 団子とかスッポンがないと引き立たない月との格闘 »

2011/09/12

自称逸般塵の不通の日記(298) 金曜土曜日曜

20110912_img_8027_1s


自宅で仕事するつもりだったが暑くてゴロゴロしてしまった日、
夕方から深夜にかけ友達や家族からの電話が続けて入ってきた。
残暑厳しいとはいえ夜は盛夏より涼しくなるから作業をしよう
かと思っていたが電話が途切れなかったおかげで進まず仕舞い。

たまには、そういうコトもある。

その翌日は今月に入って最も暑い日になるとの予報だったので、
自宅で電話を待つ必要もなさそうだし仕事を一気に片付けたく、
外へ逃げ出して喫茶店に入って2~3時間ばかり没頭する予定で
いたのだけど15時を過ぎたら急に店が混んできて騒々しくなり、
やっぱりあんまり集中できない状況の土曜日になってしまった。

たまには、そういうコトもある。

そして、暑さのピークを過ぎた日曜日には散歩の約束があって、
曇りがちな空で気温は低いといえど蒸し暑くて動けば汗が出る、
そんな中で歩いてきた道程、おおよそ6~7kmといったトコロか。
盛夏の頃は徒歩も自転車も控えていたので、これほど歩くのは
久々だった上に、まだ相当な残暑だったので、さすがに疲れた。
日が暮れる前には想定していたコースを歩き終えて駅前に出て
ビールで身体を冷ますつもりが覿面に効いてしまったのである。
(酒を飲みつつ誰かと喋る機会など今夏は滅多になかったのだ)
ぞんなこんなで帰宅したら2~3時間ばかり窓辺で寝てしまった。

たまには、そういうコトもある。

そうして思い出すのは最近いささか遅れ気味の仕事の存在など。
休日らしい休日が、リフレッシュした感覚にさせてくれたので、
その勢いで起きたら本気を出して片付けていこうと思っている。

|

« たまには時事ネタ(78) 節目の日に思うコト | トップページ | 暗箱に針穴(37) 団子とかスッポンがないと引き立たない月との格闘 »