« 逆は真ならざる場合が多い、非対称 | トップページ | 花鳥風月を愛でるコトと家父長的な態度との関係 »

2011.09.20

自称逸般塵の不通の日記(300) 脂と汗のダラダラする関係

20110920_img_7972_1ts


今夏は運動量が少ない上に粗食が続いているので、
特に脂肪など蓄積する傾向にあるように思われる。
要するに身体が飢餓状態に備えようとしてるのだ。

蓄積された栄養を燃焼するときは発汗量が多くて、
少し動いたくらいでも汗が流れ続ける有様だから、
少しの運動でも避けたくなるのが人情ってもんで、
暑い中を出掛けるには公共交通機関に頼りたくて、
でも貧乏だから外出も控えめになってしまったり、
そんなこんなで余計に脂とか汗とかの問題に悩む。

昨夏は猛暑だったけど忙しくて金回りも良かった。
全国各地に出張して回って飛行機や新幹線や特急、
ホテルなど随所で涼みながら仕事をしていたのだ。
それに比べると今年は仕事が非常に乏しいせいで、
ついダラダラ過ごしてしまいがちだったワケだな。

脂を汗に変えてダラダラと歩くには貧乏は厳しい。
来年そして以降も貧乏から脱出していたいものだ。

|

« 逆は真ならざる場合が多い、非対称 | トップページ | 花鳥風月を愛でるコトと家父長的な態度との関係 »