« 遭遇の形もいろいろあって | トップページ | 道を知るべきコトバ(43) かつてその草の道は不毛な道だった »

2011.09.26

自称逸般塵の不通の日記(302) 秋の夜長の深夜営業

20110926_img_8115_1ts


散歩という息抜きを補充してきたのに作業が進まないので、
ただひたすら画面に向かって呻吟する日曜日~月曜の未明。
そんなワケで夜食ばかりが進んで時間ばかりが過ぎてゆく。

先週の台風の影響で仕事の一つが延期になったコトもあり、
今ある作業を片付ければ月内の仕事は終わってしまう見込。
というコトは2~3日は散歩や読書に勤しむ時間があるはず。

そんな褒美を目の前に並べて、ちょいと頑張ってやろうか。

|

« 遭遇の形もいろいろあって | トップページ | 道を知るべきコトバ(43) かつてその草の道は不毛な道だった »