« たまには時事ネタ(77) アラアラ、そんなの探してどうすんの? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(295) 夏の気枯れからの脱出準備の心構え »

2011.09.06

結果で評価するとか言う人に限って自分の意志が受け入れられないという結果に対し不満を表明しがちなように思える件についての考察

20110906_img_7926_1ts


良いコトを発言していると思っている態度の人ほど偉そうにして
上から目線で語っている場合が多いように思えるのは気のせいか。
自説が正しいから、「そういう良い説を掲げているオレサマ偉い」
ってなって、その良さ正しさが理解できないの馬鹿なんじゃない?
とか思っているのだろうけど、いささか浅慮に過ぎるように思う。

これを、何を伝えたかではなく、何が伝わったかで考えてみよう。
彼or彼女の説に同調する立場の人にしてみれば『全く当然であり
理解できないという反応が理解できない』といったトコロになる。
逆に、同調しかねる人たちからみれば、『何コイツ一面からしか
見てないくせに偉そうに押しつけて来やがって』といったトコロ。

総じて、同調者を集め同調できない者たちを疎外しているワケで、
要するに派閥を作って争いたい表明、と穿った見方もできるかも。

|

« たまには時事ネタ(77) アラアラ、そんなの探してどうすんの? | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(295) 夏の気枯れからの脱出準備の心構え »