« 自称逸般塵の不通の日記(307) 消化し合い | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(74) 『自発的に探すコトもせずただ求めていたって、与えられる可能性は低いんじゃないかな』 »

2011/10/19

自発的に動いているという感覚を疑ったコトはあるかい?

20111019_201110091267s


このところ少し自営業仲間の仕事を手伝っていて、
ホームセンターに素材や部材を探し求めたのだが、
なかなか手頃な品物が見当たらぬまま引き返した。

Do It Yourselfという割に出来合いのモノばかり。
いやまぁそういうものなのかもしれないけれどね。

--
無知を免罪符にしてはいけない、と最近強く思う。
ましてや「資質や能力の不足」など称して相応の
地位にいる人物を引きずり落とすようなときには。

摘み食いした情報をファンタジーのツナギで練り、
脳内に燻る熱意とやらで焼き固めた菓子ななんぞ
出来合いの道具で見栄えを取り繕っていても脆く、
日持ちもしないし衛生面でも不安要素が盛り沢山。
だけどそれを有難がる者たちだけがミウチらしい。

緻密に体系立てた情報を素材とし、人手を掛けて
調べた消費者の嗜好に合わせ、企業秘密の製法で
作り上げパッケージし、流通段階まで品質管理の
行き届いた商品に対して、勝るのは「熱意」のみ。
(もちろん組織が適切に運用されている前提だが)

品質でも勝てるようになりたいのなら、せいぜい
必死に学び、組織の能力を個人で上回るしかない。
それはもちろん、「本職以上」であらねばならぬ。

自らの能力を高めるためには他を捨てるくらいの
覚悟で一生掛ければ、もしかしたらできるかもな。

求道者の道には自らを愚鈍と思う者しか入らない。
残念ながら非常にアンコンビニエントなのだよね。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(307) 消化し合い | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(74) 『自発的に探すコトもせずただ求めていたって、与えられる可能性は低いんじゃないかな』 »