« 出張旅行記(47.7) 土地土地ごとに縁あり | トップページ | 暗箱に針穴(40) 他人の作品を実例として目標にする学習方法 »

2011/11/13

自称逸般塵の不通の日記(310) 外と机を行き来する仕事の中で

20111113_img_8623_1s


月火水と早朝5時に家を出て深夜0時に帰るような生活が続いて、
さすがに疲労が蓄積したのか木金のデスクワークは低調だった。
この土日の時間を使って作業の遅れを取り戻さないといけない。

--
今回の仕事は各地で停める都合から一般道ばかり使っていたが、
高速道路より一般道の方が変化があり眠くなりにくくて好きだ。

車の運転というのは、どちらかというと肉体労働の部類であり、
かなり寝不足気味の状態でも、気をつけていれば何とか走れる
とはいうものの、安全のためには万全な調子で臨みたいものだ。
出発前に片付けておきたかったデスクワークが長引いたせいで
時間が足りなくなって、寝不足を電車内で寝るなどして補った。

やはり時間に余裕を持つコトも含め準備を怠らぬようにしたい、
そのためには、抱えがちな仕事を効率的に処理せねばならない。

--
なければ工夫する、できなければ淘汰されるかもしれぬ危機感。
そもそも大した対価の仕事でもないのだから手早く片付けねば。
そんな感じの、ある意味ではギリギリの感覚で、作業を進める。

できるコトなら、こんな風に追い込まれて逃げ場をなくす前に、
また周囲にも迷惑や危険を与えかねないような状況に陥る前に、
先回りして対処できていればいいんだけどね、まだまだだなあ。

|

« 出張旅行記(47.7) 土地土地ごとに縁あり | トップページ | 暗箱に針穴(40) 他人の作品を実例として目標にする学習方法 »