« 人間は周囲の環境に適応していこうとする生物であるからして | トップページ | 考えても考えても暮らしが楽にならないときは、「ぢつと頭を見る」でいいんだっけ? »

2011.11.23

理系用語で読み解く社会(78) 唸りを上げるサイクル

20111123_dscf2701_1s


過去1~2世紀の間にヒトや情報の動きは活発になったとは思う。
その結果として、ヒトの凝集作用も活性化してきているようだ。

世界中で政権交代が頻繁になっている現状は、その凝集作用と
世代交代の周期が重なって大きな波を作り出した可能性がある。

今後さらに情報やヒトの動きが活性化していくと仮定するなら、
世代交代の周期より早まって、また違った相に突入するのかも。

かたや徐々に長くなるサイクル、かたや急激に早まるサイクル、
おそらく、20世紀とか21世紀が逆転するポイントなのだろうと。

そうなったとき、どんなコトが生じるのか、予測はできるけど、
本当のトコロは実際そうなってみないと分からない気がするな。

ただそれらの周期が極めて近いサイクルにある現状においては、
山と山、谷と谷が重なり大きな変動が生じる点、留意すべきか。

|

« 人間は周囲の環境に適応していこうとする生物であるからして | トップページ | 考えても考えても暮らしが楽にならないときは、「ぢつと頭を見る」でいいんだっけ? »