« 観察・観測からのフィードバック | トップページ | 暗箱に針穴(39) 解き方いろいろあるパズル »

2011.11.02

意地悪でもあり優しくもあり老婆心

20111102_201110301283003


突然のモノゴトに接して勉強するのはいい、
けれども、得た知識が定着して知恵となり、
判断力に繋がるまで、相当の時間が掛かる。

そんな風になる前に準備しといた方がいい、
とは多くの人が思い知らされたと思うけど、
そういうトコロまで踏まえて教育するのは、
教える側だけの問題とは言い切れぬあたり。

どうしても知ろうとする本人の欲求が必要。
それを引き出すのも含めての教育だなんて、
言ってしまうのは簡単極まりないけれども。

なにしろ当事者意識を持たぬ人物を周囲が
どうにかするなんてできやしないってのは、
「馬を水場に連れて行くコトはできても」
とかいう古い格言を出すまでもないハナシ。

--
そういうコトを認識しているつもりなので、
このブログにしたって基本的に難しくない
言葉遣いを心掛けて読みやすくなるように、
なんて工夫をしているつもり、であったり。

ただし一部で敢えて難しい言い回しをして、
そこで読み止まってほしいとも考えている。

考えるコトは当事者意識の入口の一つだし。

|

« 観察・観測からのフィードバック | トップページ | 暗箱に針穴(39) 解き方いろいろあるパズル »