« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(83) 『敵は自己保全本能の内側にありやなしや』 | トップページ | 混ざり合う彩り »

2011.12.03

たまには時事ネタ(80) 元勲は取扱注意

20111203_epsn6045_1s


一世紀半ほど前の歴史的事象の名を冠した地域政党とその長については、
その掲げている政策によって不利益を被る相手に頭を下げまくってでも、
今後どんどん迅速かつ軋轢少なく改革を進めていくのが皆の為であろう。
そうして功成り名遂げて早々に身を引き、後進に道を譲るのが望ましい。

なんとなれば、どうせ目的の半分を達したあたりから急速に彼ら自身が
今まさに攻撃の矛先を向けている“既得権益”と化していくはずだから。

そして、いったん退いた後には、もう二度と戻って来ない方が良かろう。
もし間違って返り咲いたりするようなら、そこから先は残念な茶番劇が、
誰にとっても嬉しくない幕切れの悲喜劇が、かなりの確率で待っている。
成功体験を持った人物あるいは集団ほど、悲惨な失敗をしでかすのでね。
それより、新たな変化をもたらす人物が活躍できる場を作ろうよ、とも。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(83) 『敵は自己保全本能の内側にありやなしや』 | トップページ | 混ざり合う彩り »