« 自称逸般塵の不通の日記(325) 新陳代謝に深甚なる感謝 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(84) 『老いては子に従え』るような状況を作っていくには何をすればいいのか考えてみたコトはあるかい? »

2011/12/28

利用と活用の狭間で

20111228_dscf7283_1s


日常が上手く行ってないとか、もっとできるはずなのにできていなくて、
そんな自身に罪悪感を覚えるだとか、そういう感覚でもあるんだろうか。
そう思ってばかりいると宗教に付け入られるんじゃないかと思うんだが。
そんなに自分デキるなんて思う方が烏滸がましいとは思わないのかなあ。

行き過ぎると怠け者になりかねないが人の力には限度があると思うべし。

それとは逆に、日本ダメ論だとか人類ダメ論的な考え方なんかにしても、
自分が上手く行ってないのは自分が悪いのではなくて周囲もダメだから
仕方ないコトだよね、と自らを納得させようとする考えが働いたものか。
(普通とは違う意味で)環境に依存しすぎている、という気もしてくるが。

過剰な実力主義となれば問題ではあるが環境要因ばかりが結果ではなく。

--
職務に上司に正義に忠孝しまいにゃ自分自身まで、人間にゃ頼る相手が
一杯あって使い分けが難しいとも言えるけれども、逆に言うなら頼れる
相手が多くて使い甲斐があるとも言えるんじゃないか、とも思うのだな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(325) 新陳代謝に深甚なる感謝 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(84) 『老いては子に従え』るような状況を作っていくには何をすればいいのか考えてみたコトはあるかい? »