« 自称逸般塵の不通の日記(322) サタデー月食ナイト朝生フィーバー | トップページ | そいつは自分の影じゃない »

2011/12/13

ねっとり照らしー

20111213_img_8717_1s


ネット上で情報収集をしていると妙な人物に遭遇する頻度も増えるけど、
いちいち一人ひとりが反応すると結果的に過剰反応となってしまうので、
黙って詳しい人たちに任せつつ経過を観察して個人的な判断を下す戦略。

ちょっとでも意見の異なる相手だと判断したら即座に論争に入る人には、
半ば無意識に言い負かそうとしているから、相手も言い負かそうとして
くるんじゃないかと焦って反射的に反発してくる、なんてのもいそうだ。

いきなり勉強する羽目になって理解が追いついていない人も多いと思う。
でも政府や大企業や関連していそうな研究者など既存の権威の言い分は
全く信じることができなくなって、「全てが嘘や隠蔽で成り立っている」
と思うようになってしまったら、結局のトコロ『既存の科学からフリー』
な考え方にしか行き着けぬ、残念な存在になってしまうような気もする。

どこかで不信感を断ち切らないと、どこまでも信じられなくなっていく。
「信用したくてもできない」というレッテルを、ときたま見直しとこう。

信頼感は、どこかで断ち切られるかもしれないが、慣れれば繋ぎ直せる。
破壊より補修する方が早く進むならば、大袈裟に心配する必要ないよね。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(322) サタデー月食ナイト朝生フィーバー | トップページ | そいつは自分の影じゃない »