« 道を知るべきコトバ(44) 足許の危うい道を歩くには | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(327) 怠け者というのとは、少し違う気がしてきた »

2012/01/12

自称逸般塵の不通の日記(326) 仕事の進捗が行き詰まりかけたときには悩んだりもする

20120112_img_8714_1s


ヨノナカには腑に落ちなくても進まねばならぬ
状況てのが往々にしてあるもので、

腑に落ちないと進めないコトの多い性格だから
腑に落ちないトコロがあれば回避して先に進む
ようには心掛けているのだけれど、

にしても腑に落ちない場面が多すぎて困惑して
しまいがちなのが困ったトコロだ。

しかし仕事が待ってくれるワケもなく、少しは
無理をして進めねばならぬ場面も。

|

« 道を知るべきコトバ(44) 足許の危うい道を歩くには | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(327) 怠け者というのとは、少し違う気がしてきた »