« 半生紀(31) 現在に繋がる過去のいくつか | トップページ | 天井や壁に張り付いていれば見上げていても上から目線に思えてしまう? »

2012/01/30

道を知るべきコトバ(46) だいたい行きたいトコロに行ければ道

20120130_dscf7129_1s


そんな感じでやってきたので、どうしても興が乗るまで
なかなか動き出さないという点、相変わらず課題である。

もちろんソコを無理に直そうとするなんてコトはしない、
あくまでも自然に直ってくるのを促しつつ待つのが基本。

ただそればかりでは怠け者体質が直るまで一生を費やし
かねないとの懸念もあって、実際そういう指摘も受ける。

まあそれはそれで必要に応じてやるしかない、たとえば
いろいろやっているウチにのっぴきならぬ状況に陥って
仕方なく自らを追い込んでしまう場面も、少なくないし。

それこそダラダラしてて納期が迫ってしまった仕事とか、
気付いたら年度末が迫って追い込まれる確定申告だとか。
(要するに今まさにそんな状況に入りかけているのだが)

--
もちろん、その他にも自分から興を乗せていく手はある。
やるべき対象に向けて自分自身の興味のあるトコロから
関連づけていくように意識を向けていくと、割と自然に
動き出し、進めていくコトができるようになったりする。

時間を要したり、たまに失敗したりと課題は多いものの、
この思考方法を発展させていけば少しは変わるとも思う。

どういう道筋でもいいさ、よほどの袋小路でもなければ
道は繋がっていてどっちからでも行けるってワケだから。

|

« 半生紀(31) 現在に繋がる過去のいくつか | トップページ | 天井や壁に張り付いていれば見上げていても上から目線に思えてしまう? »