« 道を知るべきコトバ(46) だいたい行きたいトコロに行ければ道 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(328) 月末月初恒例行事 »

2012/01/31

天井や壁に張り付いていれば見上げていても上から目線に思えてしまう?

20120131_img_1012s


友人や知人と会話していると、たまに偉く持ち上げられたりするコトが。
「やればできる人」とか思われていたりするのかもしれないという感覚。

だが、もしそれが割と正しい、実態を突いたような指摘だったとしても、
「やれば」の部分が、なかなかできていないってのが本人の率直な感覚。

それより周囲の人たちの方が、よほどできるんじゃないかと思うコトも。

当人が上から目線だと、他人もそうだと思いがちなのかもしれんけれど、
逆に当人自身が未熟であると思い知っているならば、他人は凄く見える。

いろいろな人たちの、好き嫌いだとか考え方とか興味や趣味に主義主張、
そしてそれぞれの個体が集まり集団となったときの活動など知るにつけ、
「ヒトというのは、このくらいのコトはする場合があるんだな」と理解。

--
そこらへんまで分かってくると、何だかヒトのするコトが大したコトの
ないモノゴトのようにも見えてきて上から目線だなんて言われたりする。

お互いに見上げた視線の先に相手がいるって思えばいいと思うんだけど。

|

« 道を知るべきコトバ(46) だいたい行きたいトコロに行ければ道 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(328) 月末月初恒例行事 »