« 他人の言うコトを聞く必要はないが他人の話は聞くもんだ | トップページ | 他人のハナシを聞いて戻ってくれば自分の軸がそこにある »

2012.01.27

他人にハナシを聞かせたいなら先ずハナシを聞くといいよ

20120127_dscf5802_1s


大事なコトなら猶更、周囲の意見も容れて検討したいもの。

個人ないし家族や地域など個人集団について考えるならば、
最終的な決断および伴う責任は当人たちに帰属するとして、
それゆえにこそ周囲は当人の判断を尊重するのが望ましい。

ある程度以上の規模の集団、つまり国全体といった範囲の
問題となれば、それこそ全員が当事者であるのだからして、
各自が他者の判断を尊重していかねばハナシとて進むまい。

完璧であるべき、ありたい、という意識は尊重するつもり
ではあるけど、その足許が見えていないならハナシは別だ。
誰もついて来られないような理想は孤立するばかりだから。

--
専ら意見を同じくする者たちとのみ議論し、異質な相手の
言葉に耳を貸さず、社会かくあるべしなどと自らの思想を
主張するのみでは多種多様な人々の混在する社会において
全体を動かすほどの集団を作り上げるコトなどできまいよ。

で「アイツらが話を聞かないから」云々と怒ってみたって
全体からみれば騒々しい少数派集団としか思われないのさ。

なんか知らんが学のある人ほど自説に自信を持ってるのか
自らの掲げた理想論に誰もが従うものと信じ却って孤立を
深めていってしまいがちなようにも思えるのは気のせいか。

学があろうとなかろうと個人は個人であって大差ないので
よくよく拝み倒して話を聞いてもらった方が得策だろうに。
むしろ意見を異にする相手にこそ礼を尽くして話したいね。
言葉の遣り取りならば聞く行為を提供して聞く好意を得る。

それこそカルトと呼ばわれたコトに怒り反発してカルトと
言い返す児戯の如き活動()よりゃ数桁マシだと思うが如何。

|

« 他人の言うコトを聞く必要はないが他人の話は聞くもんだ | トップページ | 他人のハナシを聞いて戻ってくれば自分の軸がそこにある »