« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(88) 情けは他人の為であるかどうかは、やってみなけりゃ分からない | トップページ | 他人にハナシを聞かせたいなら先ずハナシを聞くといいよ »

2012.01.26

他人の言うコトを聞く必要はないが他人の話は聞くもんだ

20120126_dscf6592_1ts


人を育てるというのは、決して親だけの特権ではあるまい。
むしろ同時代の他の人々や、さらには時代の空気といった
環境からの影響が大きな要素を占めるのではないだろうか。

駄目親は子を駄目にするというが、反面教師にして立派な
人物が育つ場合もあるだろうし、逆に親のコミットだとか
責任感が強すぎて子供が駄目に、といったケースもあろう。

考えてみたら、親が自信を持っていないケースが多いかも。
「子供のために○○しない親はダメ親」という同調圧力も
(「塾に通わせる」とか「放射能対策」等いろいろあるが)
親集団の中の声の大きい人物だとか親の親だとかそういう
「親身になってくれるはずと思える人物」からは強かろう。
だけど、その助言の内容がモノやサービスを利用するだけ
というのであれば、それは果たして本当にタメになるのか。

あるいは子供を他人に委ねるコトへの恐怖感もあるのかも。
先日、育児経験のある友人が、こんな風に説明してくれた。
「昔とは違い今の大人たちは、それなりの学歴を持つ人が
増えているので教師を莫迦にする傾向があるのではないか。
そして無意識に教師を莫迦にする姿を子供に見せてしまう。
まがりなりにも教師は教育を専門としているのだけど……」

信用されていない、任されていない、そんな実感を抱けば
誰だって思い切った取り組みなどできようもないだろうし、
どうしたって責任を負わされぬよう腐心するのが最優先と
なってしまいがちなもので、結果として本業が疎かになる。
民衆の政治不信官僚不信が社会の混乱を助長するのも同様。
あるいは不祥事を起こした企業においても似たようなもの。
その先は不信感のデフレスパイラル、何処まで続くものか。

--
そんなコトは無学な人間だって分かっているコトだと思う
のだけれども却って学歴を積むと忘れてしまうのだろうか。
むしろ、なまじっか学を修めると驕りは静まらないものか。
それとも学舎というのは驕りを増長させる場なのだろうか。
人に学ぶのでなく人の作り出したモノに依りて学ぶが故か。

今この社会を構成しているのは数十億のヒトだというのに、
その人類を見ずして何を得られるというのか、と思うのに。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(88) 情けは他人の為であるかどうかは、やってみなけりゃ分からない | トップページ | 他人にハナシを聞かせたいなら先ずハナシを聞くといいよ »