« 天井や壁に張り付いていれば見上げていても上から目線に思えてしまう? | トップページ | 所持品紹介(31) あんまり売れ筋ではないかもしれない電話機 »

2012.02.01

自称逸般塵の不通の日記(328) 月末月初恒例行事

20120201_epsn8410_1s


自由業は金が入るまでが仕事

久々に相当額の入金あり月末
遅れていた支払を片付けたり
消費していた食材を買い込み
腹が減ったので弁当屋に寄る

目の前の道路を見れば雪氷が
もう数日も解けず残っている
あたり東京なんぞであっても
冬場の降水量さえ多いならば
雪国たり得るとは考えた次第

--
翌日には不足していた食材や
切れたままの円環蛍光灯とか
故障で困った電気アンカとか
いろいろな品物を買いに出て
まだいろいろ買いたりなくて
翌々日にも買い物に出る予定

だけど買うべき品が多すぎて
遠からず資金は解けゆく予感

|

« 天井や壁に張り付いていれば見上げていても上から目線に思えてしまう? | トップページ | 所持品紹介(31) あんまり売れ筋ではないかもしれない電話機 »