« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(90) 『過去は消え去らず、ただ積み重なるのみ』 | トップページ | 出張旅行記(48ちょい前) 前泊の半徹仕事場としてのビジネスホテルに関する考察 »

2012/02/09

自称逸般塵の不通の日記(330) 寒波とともに出張帰り

20120209_img_9107_1s


東京も最低気温が氷点下となる日が続くなど冷温乾燥、
今年は久し振りに冬らしい冬が来たなという気がする。

そんな真冬に京都まで一泊出張、初日には大した寒さ
ではなかったが翌日は朝から青空と雪が入れ替わる空。

朝イチのアポイントを終えて昼過ぎから歩いてみれば、
夕方に京都駅へ戻る頃には随分と冷え込んできていた。

しかし新幹線で東京に戻ってきても同じく冷えており、
どちらの京にも同日に寒気が訪れたというコトらしい。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(90) 『過去は消え去らず、ただ積み重なるのみ』 | トップページ | 出張旅行記(48ちょい前) 前泊の半徹仕事場としてのビジネスホテルに関する考察 »