« 出張旅行記(48) 雪の京の東の山の中の道 | トップページ | 出張旅行記(48.5) 天候に似て目まぐるしい出張先散歩 »

2012/02/12

道を知るべきコトバ(47) 絶対安全なんぞヨノナカにないと知る道

20120212_img_9097_1s


人の作った道というのも実は非常に不確かで不安定なものでもある。
本来そもそも安全など保証されたものではないのだから当然だろう。

転ばぬ先にと手袋を着け手摺を掴んでみても全体重を載せられるか、
はたまた足許に敷かれた石段を踏むと揺れ動いたりしないだろうか、
そんな具合に注意深く慎重に、一歩一手、上り下りしていくものだ。
見上げれば自分自身が足を踏み外さずとも簡単に死に至るであろう
落石をもたらす可能性も十二分に予想できる急崖が聳え立っている。

--
道々は繋がる。

この山道の先に続く都大路においても決して危険がないとは言えぬ。
ただ転落や落石の危険の代わりに交通事故という危険が大きくある。

どの道、生きた人間が歩いている限りにおいて危険など消しきれぬ。

|

« 出張旅行記(48) 雪の京の東の山の中の道 | トップページ | 出張旅行記(48.5) 天候に似て目まぐるしい出張先散歩 »