« 自称逸般塵の不通の日記(330) 寒波とともに出張帰り | トップページ | 出張旅行記(48) 雪の京の東の山の中の道 »

2012/02/10

出張旅行記(48ちょい前) 前泊の半徹仕事場としてのビジネスホテルに関する考察

20120210_img_9045_1s


出張先の宿で妙に仕事が捗るのは文豪を缶詰にして執筆させるのと同じコトか。
朝までに仕上げたい作業があったが、ギリギリ何とか片付けて朝を迎えられた。

ところで最近のビジネスホテルというのは石鹸を置いてないコトが多いようで、
自宅で日頃、固形石鹸だけで全身を洗っている身としては浴室で悩んだりする。
液体のボディソープやシャンプーは使い慣れない上に皮膚が妙にヌルヌルして、
シャワーで流そうが乾いたタオルで擦ろうが、まるで取れないあたりが違和感。
といっても宿泊先まで石鹸を持参するほどの気概があるワケでもないので我慢。

まあビジネスホテルの浴室が旅の汗を流し垢を落とすという感覚でないコトは、
客室で仕事をするのが主目的だったりすると、あながち間違いでもないのかも。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(330) 寒波とともに出張帰り | トップページ | 出張旅行記(48) 雪の京の東の山の中の道 »