« 出張旅行記(48.5) 天候に似て目まぐるしい出張先散歩 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(91) 『身の丈のなきぞ悲しきや否や』 »

2012/02/14

格好について良い悪いではなく似合う似合わないで考えたい件

20120214_img_9126_1s


こんな感じでたまに外人さんから写真に撮られたりするコトはある。

今回は真冬で背広に真っ黒な長いコートと真っ黒帽子の出張先だが、
前に覚えているのは盛夏の半袖ワイシャツにパナマと扇子の人待中、
カメラを提げた白人青年に頼まれて被写体になったコトがあったな。

--
他人からどう見られるか、は、割と昔から妙に気にしてしまう性質。
あんまり気にせず済むようにと、あんまり普通でない格好をしたり、
あんまり気を配らずに済む格好をするようにしたり、した気がする。

そこは程度の差はともかく誰にでもあるコトとは思うが、少し他の
人と違うのは、誰かor何かに合わせるのでなく、自分に合う格好を
それなりに心掛けていった点。きっとその方が効果的だと思うので。

まあ観光地としての日本で見掛けた“ソレっぽい人”という扱いに
なるのなら、それはそれでいいんじゃないかな、と思ったりもする。

|

« 出張旅行記(48.5) 天候に似て目まぐるしい出張先散歩 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(91) 『身の丈のなきぞ悲しきや否や』 »