« 理系用語で読み解く社会(80) 加齢却状態についての考察 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(89) 『親しき間柄にも修正あるべし』 »

2012/02/06

相手に伝わっているかどうかを確認するコトなく伝えたのだから伝わったものとする心理について考察中

20120206_img_9042_1ts


予断を持たれては困るような場合、そうならないような発言を心掛けるしかない。
それには、相手がどのように解釈・理解するかを念頭に置いておかねばなるまい。

もちろん、皆ある程度そんなの分かっていて、見知らぬ相手に接触する際などは
留意するようにしている人も多いとは思うけれども、それが上手く行かない例も
しばしば見掛けるし、それどころか見知った相手に対してもコミュニケーション
失敗という例も、これまた少なからず見受けられるので、どうも少なからぬ人が
相手に対する配慮に不十分な点があるままに活動していると考えられそうである。

付き合いの長い相手であれば「分かってくれているはず」という甘えが生じたり
するのだろうし、見知らぬ相手に対しては「場のルールに沿っている」といった
感覚が働くであろう。そして、こうした思い込みができると修正するのが難しい。
修正する機会がないままにコミュニケーションを進めれば、行き違いばかり続く。
そりゃそうだ、相手は「理解してくれない」と感じ態度を硬化させるだろうから。

態度を硬化させた相手から得られるのは怒りや不信感や拒絶といった否定的反応。
だから実は、そういった反応こそが、自分の持つ相手観を修正する絶好の機会だ。

--
友人からは「いろいろな立場のコトを考えている」と評価してもらったりもする
けれども、接触した相手の反応から相手の視点や考え方や認識などを探り出して
自らの中の相手感を修正していく、その対応こそが基礎にあるのだと思っている。

「アイツはこういうヤツ」「このクラスタはこういう連中」といった認識を持つ
のは常だけれども、それを固定化させない、固定化していたら変だと思うように
している。常に最新の情報を取り入れて修正しているコトこそが重要ではないか。

まあこんな風に偉そうなコトを言いつつも、修正されないままの古い情報を元に
考えていたりして失敗に陥るケースは少なからずあるので、まだまだ至らぬ限り。

|

« 理系用語で読み解く社会(80) 加齢却状態についての考察 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(89) 『親しき間柄にも修正あるべし』 »