« 広帯域通話への挑戦? | トップページ | 似たもの同士は話題が飛躍する »

2012.03.06

自称逸般塵の不通の日記(333) オトナ電話相談室

20120306_img_8349_1s


このところ、友人たちから電話を貰う機会が急に増えた。
確定申告の帳簿作業は一向に進まないが、ここ数日ほど
仕事そのものは手が空いているのだし、快くお相手する。

電話をすると何かの堰を切ったように喋る友達が、いる。
話題はあちこちに飛んで、いろいろなネタで盛り上がる。
ひとしきり(たまに数時間)喋ると、少し落ち着いてくる。

ときに仕事の愚痴、ときに喧嘩の仲裁、ときに人生相談、
はたまた電話を繋いだままヘッドセットつけて家事など
しつつとりとめなく言葉を交わし続けるコトもあったり。

(それなりに信用できる)誰かと一緒の時間を共有したい
という友達との通話は、こうして長時間に及ぶのが通例。

--
ここ数年、キャリア内限定とか家族間限定とか、特定の
条件における通話を無料にする通信事業者が増えてきて、
相手ごとに通話手段を使い分けていたりするのであった。

|

« 広帯域通話への挑戦? | トップページ | 似たもの同士は話題が飛躍する »