« 自称逸般塵の不通の日記(336) 春眠というのは冬眠に似た現象である場合もある | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(337) 桜いまだ咲かぬなら »

2012.03.30

遅くとも来ないよりマシの春

20120330_img_3379_1s


気付いたら年度末の最後の平日が過ぎていった。

電車で出掛ければ春休みの児童生徒学生らしき
集団を見掛けたりしても、なかなか春だという
感覚を持てずにいたが、今日は気温が上がって、
ちょと日差しの下を歩けば汗が首筋を伝うほど、
それもコートを着ずに出掛けてきてのハナシで。

温かい風が吹き、草木が芽吹き昆虫も飛び交い、
そしてヒトは……、急激な気温の変化に戸惑う。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(336) 春眠というのは冬眠に似た現象である場合もある | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(337) 桜いまだ咲かぬなら »